アパート・マンション空室対策の参考書

3か月以内に入居率96%を実現する管理はこちら

空室が埋まらない理由

賃貸住宅に空室が発生してしまって、なかなか埋まらない。その原因と対策についてお話します。空室が出た場合、オーナーはどのような行動をとるべきなのでしょうか。

所有物件の空室が増える要因とは

空室が埋まらない理由とは、一体どのようなものなのでしょうか。景気が悪い、少子高齢化が進み人口が少ないといった、世の中の情勢に因るものもありますが所有している物件の現実的な要因も考えられます。

  • 相場より家賃が高い
    入居者も物件を借りる際にはその地域の家賃相場を調べます。物件の状態にもよりますが、相場よりもかけ離れて家賃が高いと客付けが難しくなります。相場と比較して適正な家賃となっているかがポイントです。
  • 設備が充実していない
    最新のアパート・マンションではエアコンが付いているのは当たり前。オートロックやモニター付きドアホン、浴室乾燥機付きの物件もあります。設備のグレードアップを怠っていると時代遅れになっている可能性があります。
  • 管理面が行き届いていない
    共有スペースが汚れている、壊れた設備が修理されないなど管理が行き届いていないと入居者が快適な生活ができず出て行ってしまうケースがあります。また、入居希望者が内覧する場合も意外と細かい点まで見ています。
  • 築年数が古く建物が老朽化
    建物も15年~20年ともなるといろいろ問題が出てきます。外観の見た目の悪さや内装が古い、間取りが今のライフスタイルと合わないなど、タイミングよくリフォームなどをしておかないと古さだけが目立ってしまいます。
  • 募集活動が積極的に行われていない
    物件に問題がなくても客付けをお願いしている不動産会社や管理会社が、募集活動をしっかり行っていなければ空室は埋まりません。情報が出回らなければ、入居希望者の目に触れる機会も無いので空室対策になりません。

≪空室対策ならおまかせの管理会社ランキング≫

適切な賃貸管理会社を選ぶことが一番の空室対策

以上のように、空室が埋まらない要因には様々あります。これらを解決しようと考えた時に、自主管理をしているようなケースでは対応に限界がありますので、信頼できる管理会社に管理をお願いすることをおすすめします。

また、もしどこかの管理会社に委託しているのにも関わらず、いつまで経っても空室が埋まらない場合は、管理会社選びを間違えているのかもしれません。

しっかりとした管理会社と付き合っていれば、常にオーナー側の立場で考えてくれ、空室を埋めるための適切なアドバイスをもらえるはずです。

空室をできるだけ出さないためには、積極的に対策を講じる必要がありますが、そのためには良きパートナーとなってくれる管理会社を選ぶことが重要になるのです。