空室が埋まらない理由

本ページでは、賃貸物件の空室が埋まらない理由について、考えられる原因や成すべき対策などを取りまとめてご紹介していきたいと思います。

人口減少など社会構造的な問題もさることながら、物件を取り巻く状況によっても空室率というのは大きく左右されるものです。しっかりと踏まえておいてください。

空室の原因となってしまう主な理由

物件にまつわる、空室が発生してしまう主な原因には、以下のようなものが挙げられます。

周辺相場より家賃が高い

入居者の立場になって考えてみれば分かるはずですが、賃貸物件を探す場合、その地域の家賃相場は当然調べます。物件の状態や付加価値の有無などにもよりますが、相場よりも高額な物件は、当然避けられてしまいがちです。

設備が充実していない

さすがにエアコンを装備していない物件は今時あまりないでしょうが、近年ではオートロックやモニター付きドアホン、浴室乾燥機付きといった賃貸物件もどんどん増えています。そうした設備のグレードアップを怠っていると、当然ながら競争力は低下してしまいます。

管理面が行き届いていない

共有スペースが汚れていたり物置化している、壊れている設備が修理されていないなどは、なにをかいわんやです。既存の入居者の退室はもちろん、新規入居者も、内見の際、そうした点はしっかりチェックしています。

築年数が古く建物が老朽化

言うまでもなく、建物というものは時間の経過とともに、どんどん古くなっていきます。外観の見た目が悪い、間取りや内装が現代のライフスタイルにマッチしていないなどの問題が起こりがちです。適切なタイミングでリフォームを行うことが不可欠です。

募集活動が積極的に行われていない

物件自体に問題がなくても、客付けを依頼している不動産会社が募集活動をしっかり行っていないというケースも考えられます。積極的に働きかけ、それでも改善されなければ、変更も視野に入れるべきです。

最新の入居者ニーズを、しっかり把握

空室率を低下させるには、現代の入居者が賃貸物件に何を望んでいるかも、しっかり掴んでおかなければなりません。例えば、かつては「駅近」は大きな武器でしたが、近年では、間取りや設備、内装をより重視するという傾向があります。一方で、一戸建ての持ち家に比べ、賃貸物件では耐震性や断熱・省エネ性、遮音性といった項目は、駅近よりも優先順位は低くなるといった傾向があります。

入居を敬遠されがちな層も、視野に

高齢者や障害者、外国人、シングルマザーなど、オーナーの立場からすると入居者として敬遠しがちだった層の入居を視野に入れることも今後の空室対策には必要になってきます。もちろん、無条件で受け入れるということではなく、例えば高齢者の場合はNPO法人による見守り巡回サービスなどを活用したり、外国人向けの保証会社を利用するといった対策を活用すべきです。

                                               
バレッグス(1991年創業) アシスト(1993年創業) エスフィット(2003年創業)
主なエリアと店舗数 城南
10店舗
都下全域
16店舗
城東・城西・城北
8店舗
管理コスト 3%~ 4%~ 要問い合わせ
リフォーム・
リノベーション対応
自社施工 自社/他社施工 自社施工
詳細情報

公式HPを見る

公式HPを見る

公式HPを見る