アパート・マンション空室対策の参考書 » 「大空室時代」の現状と対策

「大空室時代」の現状と対策

本カテゴリーでは、賃貸アパート・マンションの入居率が低下傾向にある「大空室時代」の現状と、その対応策について、取りまとめてご紹介していきたいと思います。

賃貸物件の経営はかつて「ローリスク・ミドルリターン」と呼ばれており、株式やFX(外国為替)、先物商品取引などと比べれば、失敗する可能性が低く、安定した収益が見込めるとされてきました。しかし、現在では、何もしなくても入居者が確保でき左うちわで安穏と儲けられるという時代ではなくなっています。空室を埋めるためには、積極的な努力や工夫といったものが求められているのです。

賃貸住宅の空室率

ニュース番組や新聞などでも盛んに報じられている通り、現在の日本は少子高齢化に伴う人口減少がどんどん進んでいます。一方、賃貸住宅の建設はリーマンショックで一時期停滞したものの再び増加傾向となっており、供給過剰となっているのが現実。実際の空室率は、東京都で19.0%、群馬県では30.9%と、都心から離れるごとに上昇している傾向があります。

首都圏の空室率を詳しく見る

空室が埋まらない理由

人口減少といった社会構造的な問題の影響もある一方で、賃貸物件そのものに起因する条件によって、空室率は大きく左右します。例えば賃料が周辺相場より高い、管理が行き届いていない、設備が時代遅れ、客付け会社の怠慢などが原因で空室となってしまう面も見逃せません。

重要なのは過去の常識にとらわれず、最新の賃貸ニーズを的確に踏まえた改善を行うこと。例えば最新の傾向としては、駅近であることよりも、部屋の間取りや設備、内装などが重視されます。また、過去には敬遠しがちだった、高齢者や外国人といった入居者層の取り入れも検討するということも視野に入れるべきです。

空室が埋まらない理由を
詳しく見る

確実に入居率を上げる秘訣

物件のリフォームや設備の入れ替えといったそれなりの資金が必要となる改善策に先がけて行うべきは、客付け力の高い管理会社を見つけて依頼するというのが成すべきことの筆頭です。インターネットでの検索はもちろんのこと、ご自身で足をつかって調査することも大事です。

また、家賃保証のあるサブリースは、魅力的な反面、裏に罠が潜んでいることを前もって知っておかなければなりません。もうひとつ、ひと口に不動産管理会社と言っても、知名度の高い大手と地域密着型業者では、それぞれにメリットとデメリットがありますので、そうした違いもしっかり踏まえておくことが大切です。

入居率を上げる理由を詳しく見る

                                               
バレッグス(1991年創業) アシスト(1993年創業) エスフィット(2003年創業)
主なエリアと店舗数 城南
10店舗
都下全域
16店舗
城東・城西・城北
8店舗
管理コスト 3%~ 4%~ 要問い合わせ
リフォーム・
リノベーション対応
自社施工 自社/他社施工 自社施工
詳細情報

公式HPを見る

公式HPを見る

公式HPを見る