アパート・マンション空室対策の参考書 » 空室対策リノベーション・リフォームのポイントと事例集 » 【番外編】アパート・マンションをリフォームするときの補助金とは?

【番外編】アパート・マンションをリフォームするときの補助金とは?

本ページでは、アパート/賃貸マンションのリフォームに際して利用できる補助金について、その内容や注意すべき点をご紹介していきたいと思います。

老朽化や時代性に合わなくなったなどの理由で賃貸物件をリフォームして、入居率を上げたい…物件オーナーなら多くの方が願っていることでしょう。しかしながら、そこで頭を悩ませてしまうのが、その予算を確保できるか、という点ですね。アパート/賃貸マンションのリフォームの際に利用できる補助金について知っておきましょう。

「住宅セーフティネット制度」の一環として、補助金制度が確立

この制度が生まれた背景には、年々増加する空家問題と、賃貸住宅を借りづらい方たちの間を取り持つためというのが、根本の目的としてあります。具体的には、フリーター、高齢者、子育て世帯、シングルマザー、障害者、外国人など。こうした方々が、老朽化した物件ではなく、キチンとリフォームが施された賃貸住宅に入居できるように支援する、というのがこの補助金の目的なのです。

物件オーナーにとってのメリットは?

1戸あたり最大100万円の補助金を受け取ることができます。150万円以上のリフォームを行った場合なら、100万円までの費用がサポートされるということになります。また、後述する入居対象者を募る「セーフティネット住宅情報提供システム」に登録でき、入居者に関する相談窓口も用意。また、生活保護者が入居した場合は、家賃を自治体から直接オーナーに支払うという制度も利用できます。

物件オーナーにデメリットはあるのか?

前述の通り、賃貸住宅を借りにくい方へのサポートを目的とした補助金のため、リフォーム後10年は、そうした方々向け専用としなくてはなりません。一般入居者への賃貸はできなくなります。また10年以内の物件売却も制限されることになり、売却するには国土交通大臣の承認を受ける必要があります。また手続きも比較的複雑で、行政書士への代行依頼費用なども、経費としては認められません。

なお、入居対象となる「住宅確保要配慮者」は以下の通りです。

                                               
バレッグス(1991年創業) アシスト(1993年創業) エスフィット(2003年創業)
主なエリアと店舗数 城南
10店舗
都下全域
16店舗
城東・城西・城北
8店舗
管理コスト 3%~ 4%~ 要問い合わせ
リフォーム・
リノベーション対応
自社施工 自社/他社施工 自社施工
詳細情報

公式HPを見る

公式HPを見る

公式HPを見る