その他のリノベーション事例

本ページでは、賃貸マンションの資産価値を上げて空室対策とする、マンション物件のリノベーション事例を取り上げてご紹介したいと思います。

カップルやファミリー層向けの賃貸マンションも、ワンルームと同様、あるいはそれ以上に、ライバル物件との差別化を図るリノベーションは大きな武器となります。具体例をご紹介しましょう。

リノベーション事例1
賃貸向け3DKを2LDKにリノベーション

イメージ
引用元HP:イエスリノベーション公式事例ページ
https://www.reno-one.com/zirei6

ひと昔前、賃貸向け物件では3DKが定番となっていた時代がありました。しかし、近年では少子化の影響や、リビングでのくつろぎを重視するニーズが高まっていることもあり、3DKを2LDKに変更するリノベーション事例も増えているとのこと。こちらはそんな事例のひとつ。キッチンと隣接していた部屋との間仕切りを撤去の上、天井に飾り梁と間接照明をあつらえ、カフェのような雰囲気のある、広々としたLDKに仕上げています。

リノベーション事例2
子育て夫婦のためのリノベーション

イメージ
引用元HP:ハプティック公式事例ページ
https://www.haptic.co.jp/works/sosigaya/

こちらは家事の最中でも、お子さんに目が届きやすいよう、対面式のアイランドキッチンを新たに設置。また人気の高いウォークインクローゼットを設置の上で、お子さんが成長した場合には、子供部屋に転用することも可能という工夫が施されています。その上で、木目のフローリングや白基調の壁をベースに、壁の一部やドアなどは水色に塗装するという遊び心も発揮。実用面とおしゃれさが、バランスよく調和していると言ってよいでしょう。

リノベーション事例3
広々としたリビングを実現した1LDK

イメージ
引用元HP:ハプティック公式事例ページ
https://www.haptic.co.jp/works/tomos-小岩/

こちらは東京の外れ、葛飾区小岩の物件。都心部からは多少距離が離れていることを逆手にとって、このエリアでは珍しいタイプの物件に仕上げることで、差別化を図ったとのこと。その最大の特徴が、60m2の専有面積を敢えて1LDKとすることで、リビングの広さを最大限に広くした点。その上で、床にも無垢のフローリングにするこだわりが貫かれています。都心エリアよりは割安な賃料で、ゴージャス感のある暮らしを実現できるという戦略から生まれたプランとのことです。

                                               
バレッグス(1991年創業) アシスト(1993年創業) エスフィット(2003年創業)
主なエリアと店舗数 城南
10店舗
都下全域
16店舗
城東・城西・城北
8店舗
管理コスト 3%~ 4%~ 要問い合わせ
リフォーム・
リノベーション対応
自社施工 自社/他社施工 自社施工
詳細情報

公式HPを見る

公式HPを見る

公式HPを見る