入居者募集の見直し

入居者募集の方法、その是非を検証

本ページでは、空室対策のひとつとして入居者募集の方法について取り上げ、ポイントや注意点などをご紹介していきたいと思います。

入居者募集をしているのに内見や問い合わせがない…そんな時は、入居者募集の方法に問題があるのかもしれません。

まずは、入居者募集方法に問題がないかを確認

極端な話、いくら物件が魅力的でも、入居者募集の方法が間違っていては、空室対策にはなりません。例えば入居者募集を依頼している仲介不動産会社がどのような施策を行っているのか、任せきりにするのではなく、物件オーナー自身で確認すべきです。そうすれば、仲介不動産会社の力の入れ具合なども見えてくるはずです。

不動産会社との付き合い方

例えば複数の不動産会社に仲介を依頼しててっとり早く入居者を決めてしまいたいという物件オーナーも少なくないことでしょう。しかし、その方法は避けた方がよいでしょう。賃貸経営には、その後も家賃徴収やトラブル対応といった業務が必要となります。信頼でき、かつ入居者の募集能力に長けた業者を厳選した上で、「専任媒介」で依頼する方が、結果的に上手くいく可能性が高いのです。

賃貸管理会社の変更も検討してみる

以上のようなやり方をしてもなお、空室率が下がらないという場合には、賃貸管理会社の変更も視野に入れるべきでしょう。例えば、広いエリアを守備範囲としている不動産会社の場合、当然ながら客付け対象としている物件のエリアもバラバラになりがちです。例えば物件の立地エリアに精通しそのエリアの客付けに強みを持つ不動産会社に変更すれば、入居率アップが期待できます。

入居者募集に強い不動産会社の特徴

上記でも述べています通り、特定の地域に根ざしてビジネスを行っており、そのエリアの傾向や賃貸需要、家賃相場などに精通している不動産会社は、入居者募集に強いと言えるでしょう。その上で、営業マンのスキルといったものも重要になってきます。たとえば、ある方は、チラシやパンフレットではなく、名刺に物件情報を印刷して興味のある方に配るというやり方で成果を挙げているとのこと。そうした頼もしい人材がいるかどうかも、重要なポイントとなります。

                                               
バレッグス(1991年創業) アシスト(1993年創業) エスフィット(2003年創業)
主なエリアと店舗数 城南
10店舗
都下全域
16店舗
城東・城西・城北
8店舗
管理コスト 3%~ 4%~ 要問い合わせ
リフォーム・
リノベーション対応
自社施工 自社/他社施工 自社施工
詳細情報

公式HPを見る

公式HPを見る

公式HPを見る