モデルルームの見直し

本ページでは、空室対策のひとつとして空き部屋のモデルルーム化について取り上げ、ポイントや注意点などをご紹介していきたいと思います。

まず誤解のないように申し上げておきますと、ここで言うモデルルームとは、大手不動会社が住宅展示場に出展しているようなものを造り上げるということではありません(そんなことをしたら、賃貸経営がそもそも成り立ちません)。空き部屋となり入居者募集を行う物件をより魅力的に見せるため、原状回復工事の上で、ちょっとした工夫や演出によってモデルルーム化するという意図です。

モデルルーム見学は他に差をつけるチャンス

物件を探している立場になって考えてみましょう。原状回復工事のままでのっぺらぼうの部屋よりも、例えば椅子やテーブル、ソファなどを置いてある部屋のほうが、その暮らしぶりは想像しやすくなります。もちろん、そうした「演出」のために高価な家具を買い揃えたりする必要はなく、中古や不要になったものを有効活用すればいいのです。また、ホームセンターや100円ショップなどで手に入る小物なども有効活用しましょう。それこそ、カーテンひとつあるだけで、部屋の印象は大きく変わります。加えて、内見者のために、新品のスリッパも用意しておけば、好感度はより高まるはずです。

モデルルームの作り方

先にも述べました通り、調度品をお金をかけて選ぶ必要はありません。それこそ、不要になった家具や中古品、格安家具の店などで入手したものを使用すれば十分です。その一方で、カラーコーディネイトは重要な要素となります。床や内壁の色と合わせ、ちぐはぐさや違和感のないように仕上げることが、センスの見せどころになります。それこそ中古や不要な家具を「モデルルーム用」に塗り直してしまうというのもありでしょう。

モデルルーム事例

例えば若い女性をターゲットにしている部屋であれば、ピンク色のベッドやクッションをあしらうといったことで、部屋への親近感が高まります。おしゃれさを演出するなら、白い内壁の部屋に、黒系や濃い茶色系の家具を組み合わせることで、より物がスタイリッシュに演出できます。

                                               
バレッグス(1991年創業) アシスト(1993年創業) エスフィット(2003年創業)
主なエリアと店舗数 城南
10店舗
都下全域
16店舗
城東・城西・城北
8店舗
管理コスト 3%~ 4%~ 要問い合わせ
リフォーム・
リノベーション対応
自社施工 自社/他社施工 自社施工
詳細情報

公式HPを見る

公式HPを見る

公式HPを見る