インターネット対策の見直し

本ページでは、空室対策のひとつとしてインターネット広告の活用方法について取り上げ、ポイントや注意点などをご紹介していきたいと思います。

今やパソコンだけでなく、スマホやタブレットでもインターネットで調べものをするのは当たり前。しかし、だからと言って、安直に物件情報を載せればいいという訳ではなく、正しい戦略というものが不可欠です。

効果的にインターネットで空室対策をする方法は?

不動産の情報を載せるのであれば、不動産の情報を扱う専門サイトに掲載するのが賢明です。とりわけHOMESとSUUMOの2大不動産ポータルサイトへの掲載が効果的と言えます。個人ブログやツイッター、フェイスブックなどSNSの利用もひとつの手ですが、手間やリスクを十分勘案したうえで実行するようにしましょう。

インターネットによる情報掲載のメリット

今更ご説明するまでもありませんが、インターネットへの情報掲載は現代の空室対策において必要不可欠です。またチラシのように何度も印刷し直すといった手間もかからず、情報の更新なども簡単かつ自由に行えるといったことも大きな利点でしょう。

そして何より、前述したようなHOMESやSUUMOといった信頼性が高く閲覧者数の多いポータルサイトへ掲載することで、注目度は高まり、ひいては入居者が決まる可能性も高まります。

具体的なインターネット集客の見直し方法

せっかく物件情報をインターネットに掲載するのですから、その特性を活かさない手はありません。例えば写真。スペースの限りがある紙媒体とは違い、物件の細かな部位まで詳しく掲載することができます。また室内を広角レンズのカメラで撮影すれば、より広く感じられます。

加えて、インターネットであれば、動画による物件紹介も自由に行えます。物件自体はもちろん、周囲の町並みや最寄り駅までの経路などを紹介するのも効果的です。

管理会社の活用ポイント

以上に挙げたようなインターネットを活用した入居者募集を、管理会社がキチンとやってくれるかどうかを、物件オーナーが自ら確認するのが大切です。例えば物件情報が掲載を依頼したポータルサイト上でキチンと掲載されているか、情報に誤りはないかなどを、ご自身の目で確かめてください。内容が指示したものと違うといった場合には、ちゃんと修正指示を与え、修正結果まで確認すべきです。

                                               
バレッグス(1991年創業) アシスト(1993年創業) エスフィット(2003年創業)
主なエリアと店舗数 城南
10店舗
都下全域
16店舗
城東・城西・城北
8店舗
管理コスト 3%~ 4%~ 要問い合わせ
リフォーム・
リノベーション対応
自社施工 自社/他社施工 自社施工
詳細情報

公式HPを見る

公式HPを見る

公式HPを見る