アパート・マンション空室対策の参考書

3か月以内に入居率96%を実現する管理はこちら

7、インターネット対策の見直し

インターネットを使った空室対策は、手軽で効率的です。

効果的にインターネットで空室対策をする方法は?

現代における空室対策では、手軽に情報発信も受信もできるインターネットが欠かせません。

とはいえ、宣伝の方法は単に情報を発信すれば良いというものでもありません。単純に自分で作ったブログやサイトに掲載している程度では、閲覧してもらえる可能性がかなり低くなります。

一番手軽で効果的なものは、専門業者に委託して、業者のサイトに情報を乗せてもらう方法です。業者によっては数万円で数日以内に情報を発信してくれるところも存在しますので、即効性も抜群です。

インターネットによる情報掲載のメリット

また、専門業者は長年賃貸情報を扱ってきたものが多いので、サイトへのアクセス数が安定しています。県外からなど場所や時間を問わず多くの人が家賃や間取り、駅からの距離といった自分の求める点を軸に検索できますので、条件に一つでも近いものがあるとすぐに閲覧してもらえます。

チラシ印刷では定期的に印刷しなければなりませんが、インターネットならプランによってはその数分の1程度の費用で掲載を続けたり情報を更新できます。

最近では写真だけではなく動画を掲載できるサービスも生まれましたので、写真だけでは物件の魅力が伝わらないと感じたら、動画を掲載してもらうと良いでしょう。

他にも、インターネットを活用すると入居者の希望が分かるというメリットも考えられます。情報掲載を依頼した会社やプランによっては、どのような条件で物件を探している人が依頼者の物件情報にたどり着きやすいかを教えてくれます。

例えば間取りを重視する人の多くが閲覧し、問い合わせているなら、間取りのアピールに力を入れた情報に変えると効果がさらにアップします。

問い合わせ直前に申し込みを止めている人の中でペット可などの情報を求めている人が多いなら、ペットの飼育を許可するか検討するのも良いでしょう。

このように、インターネットへの情報掲載は物件を探している側も空室対策をしたい側も、両方にとってメリットが多い方法と言えます。