広告活用の見直し

本ページでは、空室対策のひとつとして広告の活用方法について取り上げ、ポイントや注意点などをご紹介していきたいと思います。

単に広告を出せば入居率が上がるという考えは禁物です。さまざまな戦略や工夫を織り込んでこそ、広告の効果とうものが発揮されるということを、ぜひ踏まえておいてください。

広告を活用して空室対策する時は、目的に合わせた媒体で

現代においてはひと昔前と異なり、様々な広告媒体が存在しており、またそれぞれにおいて読者の傾向というものも存在しています。そうした要素を適宜踏まえることが、効果的な入居者募集を行うポイントとなっています。

若者向けには

物件がワンルームなど単身の若者向けなら、スマホやパソコンでの情報収集が当たり前となっている特性を踏まえ、インターネット広告の活用をメインとすべきです。紙媒体のようにスペースの制約もないため、載せたい情報をたくさん織り込むことも可能です。例えば、細かな部位まで写真を多数掲載し、物件の魅力をとことんまでアピールするといったことも出来ます。

ファミリー層をターゲットにするなら

インターネットの広告も上手に活用しながら、チラシやパンフレットといった昔ながらの紙媒体の活用も視野に入れるとよいでしょう。不特定多数が見るインターネットとは違い、狙いたいターゲットの居住エリアを絞り込んで配布するといった作戦も可能です。即効性という面ではインターネットにおよびませんが、逆に時間差で問い合わせがくるという効果も期待できます。

広告費設定の考え方

空室対策のために広告費をかけるのは、ある種の投資と言えます。とうぜん見返り(この場合は入居者が決まること)がなければ意味がありません。

また広告費を際限なく使ってしまっては、賃貸経営を悪化させてしまいます。建物周辺の競合物件に対して競争力がないようであれば、広告費を2ヶ月にして募集活動をしてみましょう。それでも入居者が決まらない場合は、別の工夫を検討することも必要です。

広告活用の成功例

一例として、今の時代には珍しい、手書き(風)のデザインチラシを配布したところ、注目率が高まり、スムーズに入居者が決まったというケースがあります。不動産関連のチラシといえば活字と写真と間取り図という先入観を逆手にとって、逆に斬新に感じられたというのが勝因ですね。

管理会社に任せる場合のポイント

物件の立地と、その地域の賃貸需要によって、物件オーナーが注意すべきポイントが変わってきます。需要が高いエリアであれば、広告費を短期集中で高めることで、仲介会社も本腰を入れて、入居者探しに励んでくれやすくなります。

逆に賃貸需給が低くなっているエリアでは、最低でも3ヶ月分の広告費を用意したうえで、状況によっては広告費を2か月分に変更し、残りをフリーレント1か月分に割り当てる、といった工夫も必要になってくるでしょう。

                                               
バレッグス(1991年創業) アシスト(1993年創業) エスフィット(2003年創業)
主なエリアと店舗数 城南
10店舗
都下全域
16店舗
城東・城西・城北
8店舗
管理コスト 3%~ 4%~ 要問い合わせ
リフォーム・
リノベーション対応
自社施工 自社/他社施工 自社施工
詳細情報

公式HPを見る

公式HPを見る

公式HPを見る