アパート・マンション空室対策の参考書

3か月以内に入居率96%を実現する管理はこちら
失敗しない空室対策の参考書 » 第2章 あなたの空室対策 8つの見直しポイント

第2章 あなたの空室対策 8つの見直しポイント

アパート・マンション経営において常に考えておかなければならないのが空室リスクです。空室が長引いてしまえば、家賃収入が無くなり収益が悪化することになります。

空室が多い、あるいは入居してもすぐに退去してしまうといった状況にある場合は空室対策に問題があるのかもしれません。空室が発生する原因には様々考えられますが、ここでは次の5つを見直しポイントとして挙げています。

  • 1、賃料の見直し
    賃料がその地域の相場とかけ離れて高い場合は、要注意です。家賃引き下げを検討した方がよいかもしれません。但し、収益性が落ちるので最後の手段として考えましょう。
  • 2、内装の見直し
    内装が古くなっている場合はリフォームの時期かもしれません。但し、高い費用をかければいいというわけではなく、あくまで費用対効果を考えて実行に移すことが大切です。
  • 3、入居者募集の見直し
    自主管理を行っている場合は入居者募集活動が不足しているかもしれません。管理を委託している場合は管理会社が募集活動に力を入れていない可能性もありますので要注意です。
  • 4、建物管理の見直し
    建物管理は物件の資産価値を維持していく上で必要不可欠です。共用部の清掃や法定点検などをしっかり行うことで、入居者の安心感につながりますからしっかり管理が行われているかチェックしましょう。
  • 5、既存入居者対応の見直し
    入居者対応がしっかり行われていれば、入居者満足度が高くなるので退去を減らすことができます。要望やクレームに対して迅速な対応ができているかが重要なポイントになります。
  • 6、広告活用の見直し
    若者やファミリーなど、ターゲットによって力を入れるべき媒体も変わってきます。具体的にどうすればよいのかを解説しています。
  • 7、インターネット対策の見直し
    ユーザーがインターネット検索する際、何を重要視しているのかを分析。分析結果に合った情報を提供していくのも効果的です。
  • 8、モデルルームの見直し
    モデルルームの見学は、入居候補者に良い印象を与えるチャンス。「ちょっとの気遣い」が部屋のあちこちにちりばめられていると好印象をもってもらえます。