空室対策の成功事例

空室対策を成功させるには、なぜ空室が出てしまったのか、原因について入念に調査をすることが大切です。空室が出る原因と一口にいっても、駅から遠かったり設備が悪かったり、はたまたデザインが悪かったりと物件によって問題は異なります。

まずは、物件周辺の家賃相場はどうなっているか、同程度の専有面積を持つ物件かを調査してください。そのうえで、所有している物件が同エリアの物件と比べて、どこが劣っているのか、見比べてみましょう。

内見者が多いのに成約に繋がらないなら
差別化を図ることが大切

内見者が多いのに成約に繋がらないという場合は、家賃設定が合っていないか、内見者が家賃に見合っていないと感じたかのどちらかが考えられます。内見をしたということは少なからず物件情報を見て興味を持ったということなので、成約まではあと一押しだといえます。周辺物件にはない設備を導入したり、成約プレゼントをしたりと差別化を図ることで、入居者が決まる可能性は高いでしょう。

内見者自体が少ないなら広告を見直す

内見者が少ない場合は、広告の出し方に問題があるのかもしれません。魅力的な内装写真になっていない、物件情報が少なすぎるなど、入居者にとって何かネックとなっているポイントが隠れている可能性があります。また、広告自体が目に触れる機会が少ないという場合もあるでしょう。主要な不動産のサイトには載せるよう手配するなど、オーナー側も積極的に空室対策に乗り出すことが大切です。

成功事例1:管理委託からサブリース契約へ

空室が目立っていたため、管理委託からサブリース契約に変えた事例です。入居率は62%と伸び悩んでいましたが、サブリース契約からわずか6カ月で満室に。そのタイミングで売却したほうが利益を望めるため、不動産価値が高い状態で売却をする運びとなりました。

その結果、オーナーの希望価格にて売却することに成功したのです。売却によって不動産購入時の借り入れ金も無事返済でき、良い形で契約終了を迎えることができました。相続予定者も不動産の借入金に悩んでいたため、サブリース契約をしたことで家族全員が納得のいく結果となったのです。

日本管理センターの物件画像
引用元HP:日本管理センター株式会社
https://www.jpmc.jp/case/20170703/

成功事例2:カラフルな建具と
インターネット無料の導入

設備や立地、間取りも問題があるわけではないのに、空室数が半数以上占めていた物件の事例です。物件の管理会社の調査で見えてきたのは、周囲に似たような物件がたくさんあるということでした。同じような物件が多く存在するため、入居者がこの物件を選ぶ決め手に欠けていたのです。

そこで、他物件と差別化を図る目的で、物件があるエリアで需要の高い設備を導入しました。若年層の利用が多いことに注目し、カラフルな建具とインターネットを完備したのです。学生や新社会人が多く住むエリアなので、これらの対策が功を奏し、満室となりました。

高知ハウスの物件画像
引用元HP:KOCHI HOUSE
http://www.kochihouse.co.jp/kh2_kanri_3.htm

成功事例3:マンスリーと民泊の運用

マンスリーマンションとしてメインで貸し出し、空いている期間を民泊として運用することで、空室を避けることに成功した事例です。空室が発生した原因は、賃貸で貸し出すには立地条件が悪く、マンスリーマンションとして貸し出すなら空室期間が発生してしまう点でした。民泊を運用したことで物件が高評価を得ると、広告に物件が表示される機会が増え、民泊の予約が急増しました。

これにより、マンションは稼働率100%を保ち、賃貸の3倍も収益を出しています。賃貸物件としては人気のない駅から遠い物件にもかかわらず、訪日観光客などの利用が多く、収益の最大化が実現できたのです。

オーナーズスタイルの物件画像
引用元HP:OWNER’S STYLE
https://owners-style.net/article/detail/8855/
                                               
バレッグス(1991年創業) アシスト(1993年創業) エスフィット(2003年創業)
主なエリアと店舗数 城南
10店舗
都下全域
16店舗
城東・城西・城北
8店舗
管理コスト 3%~ 4%~ 要問い合わせ
リフォーム・
リノベーション対応
自社施工 自社/他社施工 自社施工
詳細情報

公式HPを見る

公式HPを見る

公式HPを見る