アパート・マンション空室対策の参考書 » 空室対策の事例 » コストカットよりも品質優先が大事?空室対策失敗事例

コストカットよりも品質優先が大事?空室対策失敗事例

ここでは、空室対策にかける費用を少なくし過ぎて、せっかく費用をかけたのに入居率が上がらないケースを紹介していきます。成功させるためのポイントについても触れているので、空室対策にかける費用の目安にしてみてください。

空室対策の失敗事例

入居者が決まってから
壁紙を取り換えようとして失敗

こちらは、費用を抑えるために、入居者が決まってから壁紙を好きな柄に張り替えるサービスを行ったというケースです。原状回復工事の際に壁紙を張り替えるよりも、入居者に好きな柄を選んでもらったほうが良いだろうと考えたのです。しかし、入居前に選んでもらった柄と違う壁紙になっていたことで、入居者とオーナーとの間でトラブルに発展。入居者には納得してもらったものの、そのことが不信感を抱かせる要因となり、早期退去という結果になってしまいました。

色々綺麗に見えるグッズを置いたが
成約に繋がらず

こちらは、設備を導入するのではなく、小物を置いて部屋を綺麗にみせようとした事例です。元々、空室期間が長かった部屋だったので内見者自体が少なく、入居希望の人が内見に来た際には埃が溜まってしまっていました。不動産会社もたくさんの部屋を紹介しているため、成約に至らなかった理由は教えてくれず、空室期間が伸びてしまったのです。

お金をかけない空室対策が失敗する理由

コストカットにこだわったことで、空室対策が上手くいかないケースがあります。たとえば、築年数が古いけれど、小物を飾り付けて綺麗に見せるという方法が挙げられます。たしかに、間接照明や造花、人工観葉植物などを部屋に置くとそれだけで見栄えがするでしょう。しかし、設置して直ぐに入居者が決まれば良いですが、少し期間が空くと埃が溜まり、汚い印象になってしまいます。

また、間接照明くらいなら汚れが目立たないかもしれませんが、小物を充実させすぎると掃除がしにくいというデメリットもあります。住みにくい部屋は入居者が定着しづらく、空室が出る原因となってしまうでしょう。今や、綺麗な部屋というのは当たり前の条件となっており、空室対策にかける費用をケチると相場に見合わない部屋と判断されかねません。

お金をかけないと綺麗さが保てない場合もある

空室対策費を捻出するときは、原状回復工事費とは別に用意するべきです。原状回復工事をした状態で、部屋のどこにお金をかけるべきか方針を決めていきましょう。大掛かりな工事をする場合には100万円以上かかることもありますが、費用対効果が望めない場合にはそこまで捻出する必要はありません。部屋が綺麗に見えるよう設備を取り換えるだけでも、一定の効果は見込めるはずです。

たとえば、キッチンや洗面台、お風呂場やトイレなどは内見時によく注目されるポイントです。これらが汚い場合にはお金をかけてでも、綺麗に清掃したほうが良いでしょう。状態次第では、シンクやトイレ、バスタブの交換を検討すべきかもしれません。

成功させるためのポイント

設備投資を少なくしたことで部屋の設備が不評になり、やり直しに多額の費用をかけるのでは意味がありません。まずは、お金をかける場所を決め、そこを重点的に綺麗にしていくべきです。綺麗に見える部屋というのは絶対に外せない条件で、便利な設備を導入するのは最低限部屋を綺麗な状態にしてからの話です。

もし、費用をかけずにPOPなどを掲示したいというのであれば、自信を持って勧められるポイントにのみ貼り付けましょう。古い設備やあることが当たり前の設備にPOPをつけてしまうと、普通では気づかないアラが見えてきてしまう危険性があります。あれこれ手をつける前に、まずはどうやったら部屋がきれいに見えるかを考えることをお勧めします。

                                               
バレッグス(1991年創業) アシスト(1993年創業) エスフィット(2003年創業)
主なエリアと店舗数 城南
10店舗
都下全域
16店舗
城東・城西・城北
8店舗
管理コスト 3%~ 4%~ 要問い合わせ
リフォーム・
リノベーション対応
自社施工 自社/他社施工 自社施工
詳細情報

公式HPを見る

公式HPを見る

公式HPを見る