空室対策の事例

空室対策の重要性、それから空室対策の失敗事例をまとめて紹介しています。空室対策を始めようと思っているオーナーは、多額の投資をして失敗に終わらないように、ぜひ失敗事例を読んでから対策に望んでみてください。

空室対策の重要性

空室対策が重要といわれるワケは、空室状態になるのを避けることで、収益の最大化や安定化を図る目的があるためです。オーナーが管理している物件、管理会社に委託している物件、サブリース契約で借り上げられている物件、いずれにせよ空室が出ると収入が少なくなります。収入が少なくても問題がないというのは稀なケースで、ほとんどの賃貸物件では収入が少なくなるのは死活問題だといえます。

なぜなら、物件を維持するだけで多額の費用がかかるからです。管理をするのにもお金がかかりますし、築年数が古くなれば大規模な修繕も必要になります。そのため、黒字になる経営でないと、維持するだけで赤字となる可能性が高まってしまうのです。

空室対策で設備投資!
失敗してしまう理由とは?

設備投資に多額の費用をかけても、費用対効果が望めなければ利益を出すのは難しいといえます。不動産会社に言われるまま設備投資をしたばかりに、かえって使いにくい部屋になったり、赤字になったりと失敗してしまうケースは珍しくないのです。入居者が住みにくいと感じる物件は、長期間住んでもらえません。所有物件に見合う設備投資なのかをよく考え、効果があまり期待できないと判断したのなら、家賃を下げるなど他の対策をうつのが良いでしょう。

設備投資したのに空室対策が
失敗に終わった事例を詳しく見る

コストカットよりも品質優先が大事?
空室対策失敗事例

空室対策に乗り出すときに、どうしても気になるのが費用面です。費用をかけても空室が埋まらなかったらどうしようと、必要以上に費用を削減するオーナーもいるでしょう。しかし、空室対策にかける費用を減らした結果、対策が中途半端となり、望んでいた効果がほとんど得られないというリスクも考えられます。空室対策にお金をかけるなら、清掃や古くなった設備の取り換えなど、部屋を綺麗に見せるための投資をしましょう。部屋が綺麗に見えないのに、設備を増やすのは得策とはいえないのです。

コストカットを優先し
空室対策が失敗に終わった事例を
詳しく見る

たくさんの広告を打っても空室が埋まらないワケ

たくさん広告を打っても、空室が続く場合があります。賃貸物件に関する情報は数多く見られるため、なんの工夫もせず、ただ広告を出すだけでは入居希望者に見つけてもらえない可能性も。広告効果を実感できない場合、管理会社に頼んでいる広告を一度確認してみてください。内装の写真は綺麗に映っているか、間取りは分かりやすく掲示されているか、といった点に注意しましょう。また、物件までのアクセス方法も載っているか、自分の目で確認することも大切。広告が適切でないと判断したときは、管理会社に相談するか、管理会社を変えてみてもよいでしょう。空室対策のため、広告に問題がある場合は速やかに対策を講じましょう。

高い広告料を払っても
空室対策が失敗に終わった事例を
詳しく見る

管理会社選びは慎重に!
空室対策に失敗した事例

管理会社選びは重要で、下手すると入居者が短期で退去したり、空室が続く原因となったりします。管理とは名ばかりのサービスを提供している会社もあり、サービス内容を十分に確認する必要があるのです。巡回清掃が不十分、入居者への対応が悪い、トラブルの際に直ぐ動いてくれないなど問題があっても、オーナーが気づけないケースもあります。本当にきちんと管理をしてくれるのか、細かいところまでチェックしておきましょう。

管理会社選びで失敗し
空室対策が失敗に終わった事例を
詳しく見る

サブリース契約で空室対策に失敗?

サブリース契約は、簡単に賃貸経営をできるように見えて、実はとても難しい契約です。賃料保証はあくまで経営が上手くいったときの話で、空室が続くなどの事態に陥ったときは、オーナーが多額の負債を抱えるリスクもあります。サブリース契約ではそれらのデメリットについてあまり触れられませんが、契約内容はよく確認することが大切なのです。また、人気のないエリアではないか、立地や設備に問題はないかを、契約する前に自分の目で確認しましょう。

サブリース契約で
空室対策が失敗に終わった事例を
詳しく見る

                                               
バレッグス(1991年創業) アシスト(1993年創業) エスフィット(2003年創業)
主なエリアと店舗数 城南
10店舗
都下全域
16店舗
城東・城西・城北
8店舗
管理コスト 3%~ 4%~ 要問い合わせ
リフォーム・
リノベーション対応
自社施工 自社/他社施工 自社施工
詳細情報

公式HPを見る

公式HPを見る

公式HPを見る