ツインライフ

独自の空室対策を展開する「ツインライフ」。プロパティマネジメントのノウハウを活用したサブリースと、空室対策について検証します。

ツインライフの賃貸管理

ツインライフの賃貸管理は、「一般管理プラン」と「サブリースプラン」の2つ。

「一般管理プラン」は保証会社による滞納保証がついていて、入居者募集から契約手続き、退去精算、そして空室対策提案などと併せて、24時間365日対応の入居者専用コールセンターを設置するなど、オーナーに代わって業務を行います。なお、空室期間中は管理手数料が発生しません。

「サブリースプラン」は、オーナーのアパートやマンション一室、または一棟をツインライフが借り上げ、入居者に転貸するシステムです。

入居者募集から家賃の集金、建物管理まですべての業務をツインライフが代行し、空室が出た場合でもオーナーには毎月一定の賃料が支払われます。

サブリースによる賃貸運営で、オーナーは長期的に安定した賃料収入と、煩わしい賃貸管理業務から開放されるメリットが期待できます。

しかし、サブリースで不動産の管理や運用、そして資産価値の向上に努めることができるのは、プロパティマネジメントに長けたツインライフだからこそ。

そのノウハウがあってこそ、賃貸経営による収益の拡大を実現することが可能なのです。

管理手数料で比較した
おすすめ賃貸管理会社
ランキング

ツインライフの空室対策

ツインライフは、賃貸管理において最も重要なのは「空室を埋められるのか」ということであり、そのためには緻密で念入りなリーシング戦略が必要不可欠だと考えています。

入居者募集(リーシング)とは、自社の商品をいかにして売るかというマーケティングの考え方と同じで、自社の商品である空室をどのようにして販売するか。ツインライフでは、その一連のプロセスをリーシング活動と呼んでいます。

ツインライフの賃貸管理は「経営代行型」にあたり、自社で客付けするのではなく、そのエリアにあるすべての他社仲介店に客付けを依頼し、オーナー物件を多くの人の目に止まるようにしています。

入居者募集に際しては、まず「時期」「賃料」「初期費用」「リフォームの程度」といったリーシング戦略の策定から始め、次に競合物件の調査を徹底的に行います。

更に、エリアの特性を分析し、ターゲットをどこに絞るのかを検討。特に、仲介店の営業マンに徹底的にヒアリングをかけることを重要視しており、その内容を総合的に判断して、市場で競争に勝つための募集条件を決定します。

このように、しっかりとマーケティングを行った上でエリアの特性を生かした賃料設定、リフォームのコーディネートなどを行うことがツインライフにおける空室対策の考え方です。

そして、ツインライフでは、空室対策は「空いてから行う」ものではなく、「いつでも空室対策」こそが重要だと考えています。居住者の要望を聞き、設備追加やリフォーム等の対策をして居心地のよい部屋を作ることにより、大幅に退去を減らすことに成功しています。

アパート・マンションオーナーからの評判

見つかりませんでした。

安く空室対策できる
東京の不動産管理会社3選

会社概要

                                               
バレッグス(1991年創業) アシスト(1993年創業) エスフィット(2003年創業)
主なエリアと店舗数 城南
10店舗
都下全域
16店舗
城東・城西・城北
8店舗
管理コスト 3%~ 4%~ 要問い合わせ
リフォーム・
リノベーション対応
自社施工 自社/他社施工 自社施工
詳細情報

公式HPを見る

公式HPを見る

公式HPを見る