エスフィット

総合力を活かしたプロパティマネジメントによる空室対策を行う「エスフィット」を調査。その独自の目線によって展開する賃貸管理や空室対策についてまとめました。

エスフィットの賃貸管理

他の賃貸管理会社とはちょっと違った目線が特徴のエスフィット。マーケティングによる運営や収支改善の提案からスタートし、集客力と独自の販促方法により、早期客付けを実現します。

気軽に立ち寄ることのできる、カフェスタイルの仲介店舗「お部屋探し CAFE ヘヤギメ!」の展開や、法人営業による社宅ニーズの発掘。興味を持ってもらえる広告や分析力を生かしたPRにより、入居者を広く集めます。

賃貸経営に特化した事業展開を行っているため、必要な知識と経験を持った各部門による総合力を活かした提案をできるのが、エスフィットの賃貸経営の強み。「オーナー様が困ったときに何ができるか」を常に考えながら、広い視野を持ち、多角的に活動しています。

空室対策として賃料を下げるような提案ではなく、クリエイティブや販促方法の見直し・方向転換を行ったり、仲介業者へのPRを強化するなど、オーナーの収益を守りながら物件のマネジメントを行うのが、エスフィットのプロパティマネジメント。「良い管理」をするのではなく、その更に上の管理を目指しています。

管理手数料で比較した
おすすめ賃貸管理会社
ランキング

エスフィットの空室対策

エスフィットの空室対策は、なんと言っても「集客力」と「独自の販促方法」「適格な募集活動」、そして「賃貸目線のリノベーション」。

年間1万2千件以上の仲介実績(2019年公式サイト確認時点)を持つ、新しいカフェスタイルの仲介店舗「お部屋探し CAFE ヘヤギメ!」は、首都圏を中心に店舗を展開。20~30代を中心に抜群の集客力を発揮しています。

販促方法については、ただ広告を出すだけではなく「興味をもってもらえる販促をする」ことを念頭に、物件の長所を引き出し、それを的確に表現する広告をつくることで、問い合わせの増加を図ります。

また、入居者の募集を行う際には、エリア分析により広域での募集を行います。近隣だけで募集をして空室が埋まらず悩んでいた物件も、それで入居が決まり出すケースは決して少なくありません。

そして、リノベーション。賃貸管理におけるリノベーションは、ただ見た目を変えるだけではいけません。「規定する入居者が何を求めているのか?」を考え、収集したデータを基に入居者のニーズを徹底的に洗い出すことからスタートし、オーナーの今後の経営方針と照らし合わせながら「機能改善」と「デザイン」の2つの軸をベースに提案を行います。

アパート・マンションオーナーからの評判

掲載がありませんでした。

安く空室対策できる
東京の不動産管理会社3選

会社概要

                                               
バレッグス(1991年創業) アシスト(1993年創業) エスフィット(2003年創業)
主なエリアと店舗数 城南
10店舗
都下全域
16店舗
城東・城西・城北
8店舗
管理コスト 3%~ 4%~ 要問い合わせ
リフォーム・
リノベーション対応
自社施工 自社/他社施工 自社施工
詳細情報

公式HPを見る

公式HPを見る

公式HPを見る