リペア

総合リフォームやリノベーションを行う『リペア』。空室対策として、デザインにこだわった魅力のある部屋づくりをしたいと考えている人におすすめです。ここでは、リペアの空室対策について紹介しています。

リペアの空室対策

投資物件として理想的とされているのが、立地が良い築浅物件や、ネット環境を始めとする充実した設備を持つ物件です。中古物件を購入した人の場合、立地や築年数、設備に関してはあまり恵まれない場合も多いはず。そこで物件価値を高めるため、物件のリノベーションやリフォームが現在注目されています。

日本では高齢化が問題視されていますが、実は大分前から超高齢化社会に突入しています。2007年には、65歳以上の人口が全体の21%を超える超高齢化社会に入っているのです。

そのため、空室や空家は年々増え続けており、競合よりも良い条件でなければ入居者が決まらない時代となっています。もし、駅から遠かったり、築年数が古かったりとデメリットがあるなら、それらを補えるだけの強みを持つ必要があるでしょう。リペアでは空室対策のため、綺麗でおしゃれな物件にリノベーション・リフォームを行い、物件価値を高めることを得意としています。

特徴は、少し個性をうちだすことで、一定の層から人気の出る部屋づくりを目指すこと。たとえば、映画のヒロインやヒーローになったかのようなパリスタイルの部屋。アートに触れられるポートランドスタイルの部屋など、斬新なデザインを提案してくれるのです。

空室対策の特徴

リペアではワンストップソリューションを提供しており、空室対策など相談から設計デザイン、施工に至るまで自社で管理しています。そのため、万が一不具合が起こった際にも、迅速に対応してもらえるので安心です。

リフォーム及びリノベーション工事後は、お部屋の施工データが保管されており、数年後にリフォームをするときに頼みやすくなっています。また、一度内装工事を施した部屋は、修理や回収工事を低価格で案内してくれます。

リペアは素材や内装、設備などにこだわっており、価格を定額・ローコストに抑えつつ、ハイクオリティな仕上がりを目指します。部屋のデザインを変えて空室対策をしようと考えているのであれば、リペアのようなデザインに力を入れる会社に相談してみてもよいでしょう。

管理手数料で比較した
おすすめ賃貸管理会社ランキング

アパート・マンションオーナーからの評判

リペアに関するアパート・マンションオーナーからの口コミ評判は見つかりませんでした。

安く空室対策できる
東京の不動産管理会社3選

会社概要

                                               
バレッグス(1991年創業) アシスト(1993年創業) エスフィット(2003年創業)
主なエリアと店舗数 城南
10店舗
都下全域
16店舗
城東・城西・城北
8店舗
管理コスト 3%~ 4%~ 要問い合わせ
リフォーム・
リノベーション対応
自社施工 自社/他社施工 自社施工
詳細情報

公式HPを見る

公式HPを見る

公式HPを見る