日本管理センター

サブリースに特化した賃貸管理を提案する「日本管理センター」。賃貸物件の保証と運営を主体とする管理会社の賃貸運営ついてまとめました。

日本管理センターの賃貸管理

賃貸に関する保証と運営を主体として事業を行う、日本管理センター。独立系サブリース会社の中では借上げ戸数トップを誇り、新築物件のみならず中古物件も引き受け可能。全国約1,400社のパートナー企業とのネットワークにより、日本全国対応しています。

賃貸管理メニューの特徴

日本管理センターのサブリースは、物件の建築受注を目的とするハウスメーカーや建設会社のサブリースとは明確に異なり、賃貸管理そのものを目的としているため、オーナーと同じ目線で賃貸運営を行っていくことが大きな特徴です。

創業11年半で東証一部上場、15期連続増収・増益を達成していることも、オーナーに安心感を与える一因でしょう。

日本管理センターでは、サブリースに特化した賃貸管理を行っていますが、その中でも複数の商品を用意しています。

日本管理センター独自の「スーパーサブリース」は従来の家賃保証に加え、収益率に応じてその収益をオーナーに分配する高収益型安定経営システム。その他にも、エリアや物件の特性に合わせた自由設計が可能な「ハイパーサブリース」や、通常のサブリースに日本管理センターの信頼と実績をプラスした「イージーオーダーサブリース」、そしてリフォーム工事後に一括借上げによる長期保証を行う「スーパーリフォーム」などで、オーナーの要望に応えていきます。いずれも最長35年の家賃保証により、長期的に安定経営を行っていくことが可能。

マンション、アパートのオーナー向けに、賃貸経営や資産運用に関するセミナーや見学会も開催しています。

管理手数料で比較した
おすすめ賃貸管理会社
ランキング

日本管理センターの空室対策

サブリースによる賃貸管理の特長は、オーナーにとって賃貸経営上のリスクが少なく安定しているということ。オーナーは入居者ではなく日本管理センターと契約を結ぶため、空室の有無に関わらず一括借り上げにより毎月一定の賃料が支払われます。

一般的に新築時は空室が低く、築10年後から空室率が高まるというデータがあります。つまり、空室対策は築年が経過した後ほど必要になるにも関わらず、サブリースの多くは中古物件に対応していません。しかし、日本管理センターでは築年が経過した中古物件も引き受け可能ですから、空室対策により効果を発揮し、既に多くの空室のある中古物件に再び収益をもたらすことも可能になります。

アパート・マンションオーナーからの評判

掲載がありませんでした。

安く空室対策できる
東京の不動産管理会社3選

会社概要

                                               
バレッグス(1991年創業) アシスト(1993年創業) エスフィット(2003年創業)
主なエリアと店舗数 城南
10店舗
都下全域
16店舗
城東・城西・城北
8店舗
管理コスト 3%~ 4%~ 要問い合わせ
リフォーム・
リノベーション対応
自社施工 自社/他社施工 自社施工
詳細情報

公式HPを見る

公式HPを見る

公式HPを見る