ハウスメイトグループ

多彩な管理メニューとオプションメニューで、オーナーの賃貸経営をサポートする「ハウスメイト」の空室対策方法について評価します。

ハウスメイトグループの賃貸管理

ハウスメイトは40年の豊富な経験と実績、ノウハウを活かしたオーナー物件の入居者募集、建物管理を行います。

オーナー向けの賃貸管理メニューとしては、「一括借上システム」「集金管理システム」「貸主代行システム」の3つがあります。

賃貸管理メニューの特徴

「一括借上システム」は、ハウスメイトが物件の全戸を一括して借り上げ、それを入居者に転貸するというサブリースシステム。空室や滞納、入居トラブルといった賃貸経営上の問題はすべてハウスメイトが負うため、オーナーは安定収入の確保を期待できます。

「集金管理システム」は、わずかな管理コストでハウスメイトに家賃の集金を代行するシステム。賃貸経営において、特にリスクが心配な家賃滞納に関わる悩みから解放され、安心して賃貸経営に専念することができるでしょう。万一滞納が発生した場合も、オーナーに代わってハウスメイトが回収業務を代行。ただし、滞納保証はありませんので注意が必要です。

そして、「貸主代行システム」。これは、ハウスメイトが賃貸物件の全戸を一括して借上げ、それを入居者に転貸するサブリースシステムです。「一括借上システム」との違いは、オーナーの賃貸経営上の煩雑な運営管理は代行しますが、空室保証がないという点です。

こういった基本的な管理メニューに加え、24時間365日体制で維持管理をサポートする「ハウスメイトシステム24」や、住宅設備機器の保証・メンテナンスの負担軽減、突発的な事故による賠償請求に対する補償、解約精算から原状回復までのサポートといった、多彩なオプションメニューを用意しています。

また年4回、オーナー向けの情報誌も発刊しており、資産活用に役立つタイムリーな情報を届けてくれます。

管理手数料で比較した
おすすめ賃貸管理会社
ランキング

ハウスメイトグループの空室対策

入居者の求める住環境を整えることが、入居率アップの一端を担うと考えています。

そのひとつが、充実したネット環境。部屋探しの際に必要と考える設備として、無料インターネットサービスは単身者やファミリーからも求められているという調査結果もあります。

ハウスメイトが提案する光ファイバーを利用した全世帯対応型高速インターネットサービス『mis-p』は、オーナーの初期費用0円で、通常のフレッツ光マンションと比べて一世帯2分の1から4分の1のコストでサービスの提供が可能。賃貸物件として、大きなセールスポイントになることは間違いありません。

アパート・マンションオーナーからの評判

掲載がありませんでした。

安く空室対策できる
東京の不動産管理会社3選

会社概要

                                               
バレッグス(1991年創業) アシスト(1993年創業) エスフィット(2003年創業)
主なエリアと店舗数 城南
10店舗
都下全域
16店舗
城東・城西・城北
8店舗
管理コスト 3%~ 4%~ 要問い合わせ
リフォーム・
リノベーション対応
自社施工 自社/他社施工 自社施工
詳細情報

公式HPを見る

公式HPを見る

公式HPを見る