アパート・マンション空室対策の参考書

3か月以内に入居率96%を実現する管理はこちら

アートアベニュー

アートアベニュー

客付け力 ★★★★★

建物保守 ★★★★

家賃回収 ★★★★★

担当対応 ★★★★

管理地域 ★★★☆☆

 

アートアベニューの収益物件管理とは

管理方式

●滞納保証プラン(管理料7%~)
プロパティマネジメント型の管理。自社で賃貸仲介店舗を持たず、多数の仲介店舗に物件紹介を依頼。滞納が何ヶ月に渡っても賃料が保証される

●一括借り上げプラン(サブリース)

アートアベニューはプロパティマネジメント型の管理方式を採用し、管理戸数5,095戸(2013年7月末)の実績を誇る賃貸管理会社です。

「オーナー様に忠誠を誓う」を基本理念に、仲介業と管理業を明確に線引きをして、あくまでオーナーの代理人としてオーナーの利益最大化を目指しています。

アートアベニューの他社にない特徴の一つとしてすべての物件を定期借家権で募集、契約をしていることがあります。定期借家権とは「契約期間の満了により終了する借家権」のことで更新という制度はありません。

したがって入居者が住み続けるには更新ではなく、再契約する必要があります。オーナーは賃料収入を目的としているため、再契約をすればよいのですが、この時入居者が家賃滞納しがちであったり、周りに迷惑をかけているような場合は再契約を行わないことで、不良入居者を排除することが可能になります。

アートアベニューの管理メニューには、滞納保証(空室保証なし)型と一括借り上げ型(空室保証あり)の2つがあります。

滞納保証型は滞納が何ヶ月に渡っても賃料を保証するシステムで、明け渡し時の訴訟費用や弁護士費用も全てアートアベニューが負担します。一括借り上げ型は空室や滞納の如何に関わらず、毎月一定の賃料(借り上げ賃料)を保証するシステムです。

管理の内容としては、家賃の集金やクレーム・トラブルの対応、建物管理、契約業務、退室処理、24時間入居者コールセンターなどですが、注目すべき点は滞納保証型の場合でも管理委託方式ではなく転貸借方式を採用していることです。

管理委託方式の場合、アパート・マンション経営のさまざまなトラブルや問題が発生した時にオーナーが直接対処(裁判等)することがありますが、転貸借方式であれば、入居者に対して管理会社が当事者となるためオーナーは経営トラブルから開放されるというメリットがあります。

以上のようにアートアベニューでは、常にオーナーの利益を考えながら物件の管理を行ってくれるため、安心して任せることができます。

会社概要

  • 会社名
    株式会社アートアベニュー
  • 業務内容
    土地有効利用の企画・運営・管理、賃貸住宅のサブリース、ファイナンシャル・プランニング、相続設計のコンサルティング、貸宅地・貸家の権利調整、リフォーム工事の企画・設計・施工、不動産の売買・賃貸の仲介
  • 売上高
    48億2,300万円
  • 資本金
    2,100万円
  • 本社所在地
    東京都新宿区西新宿2-4-1 新宿NSビル18F
  • 管理対応エリア
    東京都、神奈川県ほか ※要確認

空室対策ならおまかせの賃貸管理会社ランキング