アートアベニュー

オーナーの立場に立った賃貸管理会社を自称するアートアベニューの管理方式や空室対策の特徴、オーナーにとってのメリットなどを客観的に評価して記載しました。

アートアベニューの賃貸管理

アートアベニューはプロパティマネジメント型の管理方式で管理戸数7,298戸(2017年12月末)の実績を誇る賃貸管理会社です。「オーナー様に忠誠を誓う」を基本理念に、仲介業と管理業を明確に線引きをし、あくまでオーナーの代理人としてオーナーの利益最大化を目指しています。

アートアベニューの大きな特徴の一つとして、すべての物件を定期借家権で募集・契約をしていることがあります。

定期借家権とは「契約期間の満了により終了する借家権」のことで更新という制度がありません。したがって入居者が住み続けるには更新ではなく再契約する必要がありますが、この時、家賃滞納しがちであったり周りに迷惑をかけているような入居者だった場合は再契約を行わないことで、不良入居者を排除することが可能になります。

賃貸管理メニューの特徴

アートアベニューの管理メニューは、空室保証(一括借上げ)と滞納保証型の2つ。

滞納保証型は滞納が何ヶ月に渡っても賃料を保証するシステムで、明け渡し時の訴訟費用や弁護士費用も全てアートアベニューが負担。

一括借上げ型は空室や滞納の如何に関わらず、毎月一定の賃料(借り上げ賃料)を保証するシステムです。

管理の内容としては、家賃の集金やクレーム・トラブルの対応、建物管理、契約業務、退室処理、24時間入居者コールセンターなどですが、注目すべき点は滞納保証型の場合でも管理委託方式ではなく転貸借方式を採用している点。

管理委託方式の場合、アパート・マンション経営のさまざまなトラブルや問題が発生した時にオーナーが直接対処(裁判等)することがありますが、転貸借方式であれば入居者に対して管理会社が当事者となるため、オーナーはすべての経営トラブルから解放されるというメリットがあります。

管理手数料で比較した
おすすめ賃貸管理会社
ランキング

アートアベニューの空室対策

アートアベニューでは賃貸管理のコンサルティングを行う兄弟会社、オーナーズエージェントの全国ネットワークで収集されたノウハウを元に、空室対策のための様々なアイデアを用意しています。

空室対策の基本は外観を美しく保つことと考え、日々の清掃や除草作業に加えて、定期的なポリッシャー清掃や高圧洗浄、植栽の選定を行うなどして美観を保つと共に、ゴミ置き場を新設するなどして印象のアップを図ります。

防犯カメラやセンサーライトを設置することで、セキュリティ対策の向上と共に不法投棄等の美観を損ねる原因を排除することも。

その他、インターネット回線の導入やモニター付きインターホンの設置、温水洗浄便座への交換、IHコンロとシングルレバー水栓への交換、エアコン交換、給湯器の交換など、設備や部品の交換によって機能面・性能面を向上させたり、インテリアコーディネーターの提案により部屋の印象を変えることも、空室対策として大きな効果が期待できます。

また、専門のスタッフが無料で建物の簡易診断を行い、現状を把握した上でメンテナンス上の課題やその対処法などを踏まえて空室対策を提案してくれます。

アパート・マンションオーナーからの評判

見つかりませんでした。

安く空室対策できる
東京の不動産管理会社3選

会社概要

                                               
バレッグス(1991年創業) アシスト(1993年創業) エスフィット(2003年創業)
主なエリアと店舗数 城南
10店舗
都下全域
16店舗
城東・城西・城北
8店舗
管理コスト 3%~ 4%~ 要問い合わせ
リフォーム・
リノベーション対応
自社施工 自社/他社施工 自社施工
詳細情報

公式HPを見る

公式HPを見る

公式HPを見る