アレップス

アレップスの管理対応エリアや、3つの管理メニューの評判、物件オーナーにとってのメリットを紹介。大切な資産の管理を任せるに相応しい不動産会社かを検証します。

アレップスの賃貸管理

首都圏に13店舗を構えるアレップスは、ハウスメーカーや建築関連会社などの系列に偏らない独立系の不動産会社です。入居者の募集・仲介業務を行うグループ会社のタウンハウジングは、首都圏に86店舗の直営店を展開。年間仲介実績49,502件を誇ります(2019年6月公式サイト確認時点)。

賃貸管理メニューの特徴

アレップスの管理メニューは、「一括借上システム」「管理代行システム」の2つ。

「一括借上システム」は物件を一括で借上げ、基本管理料10%程度を差し引いて、アレップスがオーナーへ保証賃料を支払います。基本管理料が割高なのと、敷金・礼金が入ってこないため収益性はやや低くなりますが、管理業務もすべて一任でき、手間なく安定した家賃収入を見込める管理方式です。

「管理代行システム」は入居者募集や集金業務、退出立会清算、苦情処理や滞納家賃督促などの管理をアレップスへ一任するもので、滞納保証は最大12か月。

基本管理料は5%かかりますが礼金はオーナーに入ってきます。

オーナーの管理業務の負担と賃貸管理リスクを抑えることのできる、バランスのとれた管理メニューと言えるでしょう。

通常の管理業務としては退室立ち会い・敷金精算、原状回復・クリーニングの他に、修繕の手配なども行いますが、スタッフによる定期建物巡回は「一括借上システム」のみ。

24時間管理体制の確立によりクレーム対応はもちろん鍵の紛失、水漏れなど緊急を要する場合も迅速に対応する体制になっています。

タウンオーナーズクラブというオーナーをサポートするサービスがあり、弁護士や会計士、税理士などと提携してオーナーのあらゆる相談に応じたり、様々なテーマでオーナーのための講座を実施したり、オーナー同士のコミュニケーションの場としても活用されています。

管理手数料で比較した
おすすめ賃貸管理会社
ランキング

アレップスの空室対策

独自のマーケティングツールにより、市場動向や長期的な賃貸収益計画などの分析を行うことで、98%という高稼働率を維持しています(2019年6月公式サイト確認時点)。

また、入居前から入居中、退室から引越しまでトータルに対応を行い、普段から管理物件を巡回することや、トラブルの際には現場へ急行して解決にあたるなどのサポートを実施。その結果、入居者の92%がアレップスのアンケートに対し「また住みたい」と回答しています(2019年6月公式サイト確認時点)。オーナー向けの空室対策セミナー等も実施しています。

アパート・マンションオーナーからの評判

見つかりませんでした。

安く空室対策できる
東京の不動産管理会社3選

会社概要

                                               
バレッグス(1991年創業) アシスト(1993年創業) エスフィット(2003年創業)
主なエリアと店舗数 城南
10店舗
都下全域
16店舗
城東・城西・城北
8店舗
管理コスト 3%~ 4%~ 要問い合わせ
リフォーム・
リノベーション対応
自社施工 自社/他社施工 自社施工
詳細情報

公式HPを見る

公式HPを見る

公式HPを見る