アパマンショップリーシング

全国のアパマンショップ加盟店が入居者募集を代行してくれる「アパマンショップリーシング」を調査。空室対策の特色や、空室が出た場合・家賃滞納が発生した場合の対応についてまとめています。

アパマンショップリーシングの賃貸管理

アパマンショップリーシングは、プロパティ・マネジメント事業として「アパマンショップ」ブランドの高いリーシング力を核とした一般賃貸管理と、サブリースによるサービスを提供しています。

全国に店舗があり、管理エリア範囲が広いため、不測の事態にもすぐに対応が可能です。

賃貸管理メニューの特徴

一般賃貸管理の内容には、入居者募集、審査・賃貸借契約、賃料管理、入居者管理、建物管理ほか、一部地域に限られますが、24時間受付コールセンターのサービスなどがあります。

取引形態としては貸主代理となるので、礼金や更新料はオーナー収入です。ただし、管理をアパマンショップリーシングに委託する形になるため、管理料(別途見積り)、更新事務手数料(新賃料の0.5ヶ月分)が別途必要になります。

家賃滞納が発生した場合は、滞納者への督促をしますが、最長6ヶ月までは滞納分の立替をしてもらえます。

建物管理については、共用部の日常清掃、その他設備の法定点検、共用灯の点検や交換等を行ってもらえます(ただし、要別途費用)。

サブリースは、アパマンショップリーシングが賃貸物件を借上げ、自らが貸借人となって入居者に転貸するシステム。契約期間は、原則10年で以後1年更新です。契約期間中は、空室が発生しても一定額の家賃が支払われるため、安定した家賃収入を期待できるでしょう。また入居者からの苦情・トラブル対応や入居者・建物管理はすべてアパマンショップリーシングが行うため、礼金や更新料収入は無くなりますが、オーナーの賃貸経営にかかる手間や不安は解消されます。

管理手数料で比較した
おすすめ賃貸管理会社
ランキング

アパマンショップリーシングの空室対策

アパマンでは、サブリース方式の採用によりオーナーはサブリース契約期間中、空室のリスクを負うことなく安定した家賃収入を確保できます。

また、全国展開する「アパマンショップ」ネットワークによる認知度の高さとブランド力により、広く情報を提供し、迅速な入居者募集と客付けを行うことが可能になっています。

安く空室対策できる
東京の不動産管理会社3選

会社概要

                                               
バレッグス(1991年創業) アシスト(1993年創業) エスフィット(2003年創業)
主なエリアと店舗数 城南
10店舗
都下全域
16店舗
城東・城西・城北
8店舗
管理コスト 3%~ 4%~ 要問い合わせ
リフォーム・
リノベーション対応
自社施工 自社/他社施工 自社施工
詳細情報

公式HPを見る

公式HPを見る

公式HPを見る