老朽化したアパートの空室対策事例

アパートの老朽化により、空室が目立つようになった場合に、実行したい空室対策についてまとめました。老朽化したアパートのリノベーションや解体についても紹介しています。

老朽化アパートで行うべき空室対策と理由について

入居率が過半数を割るなら解体を検討

入居率があまりにも低い場合は、建物の解体も視野に入れましょう。解体するのを躊躇しているときは、まずは費用のかからない空室対策に取り組むというのも方法のひとつです。

入居率も悪い状態で費用をかけてしまうと、負債を抱えて経営難に陥ってしまうことも考えられるためです。広告を見直したり、入居条件を緩和したりとお金のかからない空室対策を講じてみてください。

その上で、経営を続けるのが困難であると判断した場合には、更地にして土地を売り出すことを検討してみましょう。更地にしてから同じ場所に建て直すという手もなくはありませんが、周辺エリアの需要があまりない場合は、建て直したところで利益は期待できないといえます。

どちらにしても、解体して更地にするにはお金がかかるので、収益の最大化が見込めるほうを選択するようにしたいところです。

入居率が良いならリフォームを検討

立地が悪くなく、入居率が6割以上あるアパートなら、リフォームをするという方法があります。リフォームにより入居者の満足度も上がり、空室を少なくできるかもしれません。しかし、建物が老朽化しているほど、リフォームにかかる費用は高額になります。新築で建てるときの半額程度かかることもあり、この先のことを考えて建て直すか、リフォームを行うかはよく検討したほうが良いでしょう。

相続する人がいるかも需要なポイント。引き続き家族が経営していくなら、建て直しも視野に入れるべきです。とはいっても、借入に不安を持つ家族も少なくありません。家族が引き続き借り入れを返済し、経営していきたいと考えているかどうかは、聞いておく必要があります。

周辺エリアの物件の部屋の稼働率が良くないなら建て直しを検討

アパートを建てたときは入居者が多いエリアだったけれど、時がたち入居者が少ないエリアになってしまうというのはよくあることです。周辺エリアの物件について調べ、部屋の稼働率が良くないなら、他エリアでアパートを立て直すのも良いでしょう。住まいとして人気のある都市部やベッドタウンにアパートを建てれば、収益の安定化を図ることができます。

管理会社に切り替え満室にしてから売却

空室に悩んでいるけれど売却してもアパートの残債が賄えない、そんな時は営業力のある管理会社との契約変更をおすすめします。アパートの売却は、入居率によって売却価格が左右されるため、満室にしてから売却したほうが高く売れる可能性があります。負債の返済に充てたいなら、より高く売却するために、アパートを満室にする方法をおすすめします。

ただし、この方法でも、老朽化したアパートの場合には、入居希望者が少ないため、家賃を下げたり、リノベーションやリフォームを行ったりと、入居希望者に物件を売り込まなければなりません。

必要な経費がかかってしまう場合もあるので、売却時に得られる利益と、コストと見合うかどうかについても、確認するようにしましょう。

老朽アパートの空室対策事例

成功事例1:築年数の古さをカバーできるよう開放的な造りに

第一ハウジング株式会社_事例1
引用元:第一ハウジング株式会社公式HP
https://www.machikado.co.jp/renovation/page_220.html

木造アパートを人気が出るようにリノベーションした事例です。吹き抜けがあり、周りの木の柱を活かした内装と、オシャレなカフェ風の住まいへと変化させました。

白を基調としているので、部屋全体が明るい印象へと早変わり。窓から入ってくる日光が部屋の中を明るく照らしてくれます。水回りのリフォームは、入居希望者に物件をより魅力的に見せることが可能です。

成功事例2:売却して資産組み換え

アパートの老朽化が気になっているものの、リフォーム費用は捻出できないという事例です。資金の都合がつかないので、建て替えは候補に入れていませんでした。

また、将来の相続のことを考えると資金に余裕がないため、このケースでは建て物を売却し、分譲マンションへ交換することになりました。資金の持ち出しをせずに分譲マンションに交換でき、かつ相続問題も解決できたので、オーナーも家族も共に納得する結果となりました。

                                               
バレッグス(1991年創業) アシスト(1993年創業) エスフィット(2003年創業)
主なエリアと店舗数 城南
10店舗
都下全域
16店舗
城東・城西・城北
8店舗
管理コスト 3%~ 4%~ 要問い合わせ
リフォーム・
リノベーション対応
自社施工 自社/他社施工 自社施工
詳細情報

公式HPを見る

公式HPを見る

公式HPを見る