アパート・マンション空室対策の参考書 » 空室対策するためのケーススタディ

空室対策するためのケーススタディ

資産運用の方法として人気の不動産投資。しかし一方で、空室対策に頭を悩ませる不動産オーナーは少なくありません。

空室状態が続けば収入自体が得られず、経営を続けることが難しくなってしまいます。そこで、ここでは、賃貸物件のオーナーが空室対策としてどのようなことを行っているのか、参考となる事例をいくつか紹介していきます。

ケーススタディを
チェックすることの重要性

空室対策をするうえで、ケーススタディをチェックすることは重要です。なぜなら、どのような施策を打ち出せば成功し、どのような施策を行えば失敗するのか学ばなければ、対策が無駄になる可能性があるからです。

不動産会社に相談するというのも1つの手ではありますが、多くの不動産会社はデメリットに関する話をあまりしたがりません。空室対策として管理会社を変えるのが一番効率的だったとしても、正直に教えてくれるとは限らないのです。そのため、どの空室対策が所有物件に合うのか、自分の目で見極める必要があるのです。

老朽アパートの空室対策事例

老朽化アパートは、空室対策としてリフォームをするか、取り壊すかのどちらかが良く検討されています。なるべくお金のかからない空室対策を行い、資産価値を高めてから売却するという方法も。老朽化アパートの空室に悩んでいるなら、まず建て直しやリフォームの費用負担についてよく考えておきましょう。

また、相続する人がいるかも大事で、家族が負債を返済する気がないのであれば、負債分をカバーできるうちに売却するというのも1つの方法です。

老朽アパートの空室対策事例を詳しく見る

新築物件の空室対策事例

新築物件なのに、入居者が決まらないのには理由があります。新築物件ということに安心してしまい、管理会社が十分に広告をしていない、家賃が高い、あるいは清掃が行き届いてないなどの問題が考えられます。

管理会社と関係を深めることも重要です。紹介してもらいたいと頭を下げに来るオーナーと、管理を丸投げのオーナーでは心証が大きく変わります。管理会社にアピールしつつ、内見者に好印象を持ってもらうため、自分でできる範囲で部屋を綺麗にしておくなどの対策を行うとよいかもしれません。

新築物件の空室対策事例を詳しく見る

ワンルームの空室対策事例

ワンルームの賃貸物件は、学生や新社会人などの単身者がターゲットとなります。そのため、安くて良い設備が揃っていることが重視されがち。最近では空室を埋めるには無料Wi-Fiや宅配ボックスなど、利便性の高い設備を導入するケースがよく見られます。

ワンルームだと専有面積が狭い場合が多く、風呂とトイレを別にしたり、室内洗濯機置き場をつけたりと、無理に設備を付け足すのは得策だとはいえません。今ある設備をどう生かすかに注力したほうが良いでしょう。

ワンルームの空室対策事例を詳しく見る

長期入居者なしの空室対策事例

長期間入居が決まらない物件には、必ず何か理由があります。管理会社が入居者を紹介してくれない、駅から遠くて内見者が少ないなど、成約の妨げになっている部分があるのです。

もし、管理会社が積極的に紹介してくれず、空室が続くのであれば管理会社を変えることも視野に入れましょう。一方で、管理会社ではなく、物件側に問題がある場合はデメリットを強みにかえる施策を打ち出すか、設備や内装の変更をして付加価値を持たせることが大切です。

長期空室の空室対策事例を詳しく見る

                                               
バレッグス(1991年創業) アシスト(1993年創業) エスフィット(2003年創業)
主なエリアと店舗数 城南
10店舗
都下全域
16店舗
城東・城西・城北
8店舗
管理コスト 3%~ 4%~ 要問い合わせ
リフォーム・
リノベーション対応
自社施工 自社/他社施工 自社施工
詳細情報

公式HPを見る

公式HPを見る

公式HPを見る